未分類

ランディングページのコーディングについて

投稿日:

ランディングページ(LP)のコーディングについて紹介しました

「ランディングページ=コンバージョン率を最大化するために作るもの」ですが、ランディングページの出来・不出来次第で、売上は左右されます。

改めてランディングページの重要性をフォームメーラーのリニューアルの概要と実際のランディングページの作り方について考える

ひとつ補足。広告以外の飛び先もランディングページと呼ぶことがあります。

「そんなに幅があるなら、ランディングページの予算はいくら取れば良いの?」と迷ってしまうかもしれません。

考え方としては、ランディングページの制作費は広告費として扱い、目標とするROAS(広告費用回収率)から予算を算出すると良いでしょう。

単にWebページが制作できるだけでなく、訴求したい商品・サービスに合ったランディングページのテンプレートが用意されています。内容さえ作ったら、簡単に公開できるのがメリットです。

高度な SEO 機能を活用してランディングページの SEO 対策を行う。そうすることで、検索エンジンでのページ表示順位が向上する可能性が高まり、オーガニック検索(自然検索)としてユーザーに見つけてもらえるチャンスが増えるでしょう。

検索エンジン上で PPC 広告(クリック課金型の広告)を出稿し、ランディングページへの誘導を促す。

ランディングページでコンバージョンしてもらうためには、大前提としてまず直帰されないことが大切です。その意味では、ランディングページで最も重要なポイントがファーストビューです。

ランディングページ(LP)のコーディングについて紹介しました。

売れるランディングページがないのに集客施策に投資することは、穴の開いたバケツに水を注ぎ続けるようなもの。まずは、水を注ぐ前にバケツの穴をふさがなければなりません。

予算の都合上、ランディングページの制作費用を確保できず自社で制作する場合には、無料で使えるランディングページ作成ツールを利用する方法がおすすめです。

登録ユーザー数30万超を誇るフォーム作成ツール「フォームメーラー」が2018年1月に10年ぶりに大幅リニューアルをしました。リニューアルしたフォームメーラーにはランディングページを誰でも簡単に、そして爆速で作成することができる機能が搭載されました。

ランディングページ作成ツールとは、Webデザインやコーディングの知識がないWeb初心者の方でも、簡単にランディングページが制作できるサービスです。

ランディングページ上では、アピールしたい商品・サービスの訴求を行い、コンバージョン(購入・申込み・資料請求などのアクション)を促します。

-未分類
-

Copyright© LPtoolsを購入しました!プラグインだから制限なしでワードプレスのサイトでLPを作れる , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.