未分類

今後もワードプレスでサイトを作っていくのならクラシックエディターとの併用でもいいからブロックエディターに慣れるべきですね!

投稿日:

LPtoolsはブロックエディターで発揮する

「LPtools」の開発責任者の現役デザイナーの方が即興でLPtoolsの実演をしてくれました。
動画だとやはり分かりやすいですね

購入したばかりの時は解らないことばかりで、悩みましたが、メールで問い合わせるとすぐに返信してくれてありがたかったです。

ほとんどの方が初めて聞くLPtools

テーマがサイト全体のデザインを決めるのですが、LPtoolsは、プラグインでブロックごとに制作します。ここで、注意点があります。

LPtoolsは、ブロックエディターでないと動かせないという事です。クラシックエディターでは反映されません。
長年、クラシックエディターになれてしまって、「今更ブロックエディターなんて」という人は、購入を保留にして、よく考えてからの方が良いです。
でも、これからもワードプレスを使っていくのなら、別です。
ブロックエディターに慣れるべきです。
クラシックエディターというぐらいですから、もう時代はブロックエディターに変わってきています。
それを見越してのプラグインですから、、、

LPtoolsは、申込みボタンにわかりやすいアイコンを表示することができるし、アイコンが、このボタンが何なのかということをお客さんに直感的に伝えることができます。メール、電話、矢印、チェックマークなど、様々なアイコンの中から選ぶことができます。

LPtoolsの大きな特徴ですね。Catch the WEBのほとんどセールスLPは、「LPtools」で作られているのですが、見た目が派手だけど見やすいと思います

LPtoolsでは、このような動くラインマーカーを簡単に設定して、お客さんに読んでほしい部分を強調することができます。

購入をお考えの方は、すぐ下のボタンをクリックしてみてください。表示されるページはLPtoolsで作成したものです。こんなページが作れるなんて、メチャクチャカッコイイ!

「LPtools」は、2021年10月に作られたばかりのワードプレス専用のプラグインになります

サイトの練習のときも手本を見て書くように、型は大事です。売れるLPの見本が目の前にあって、しかも同じプラグインである「LPtools」で作られているというのは、分かりやすいですね。

LPtoolsを購入しようと考えている方はどんな人?

LPtoolsをプラグインからインストールしても、それだけでは動きません。

「LPtools」は、これまでに100億円を売り上げたインターネットマーケティングの会社「Catch the WEBが開発・販売してます。私もこれまでいくつかのものを購入してきましたので、長いお付き合いをさせてもらっています。買い切り型の他に月額制の会員制のお得な情報満載のもありますね。

LPtoolsの特徴は
LP制作において、簡単で綺麗に早くサイト作成が出来る

LPtoolは、Webマーケティング会社のCatch the Webグループが「反応が取れるLP」をコンセプトに開発したLP作成のWordPressプラグインです。

-未分類
-,

Copyright© LPtoolsを購入しました!プラグインだから制限なしでワードプレスのサイトでLPを作れる , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.